• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 043-445-8606

猫背でお悩みの方へ

  猫背でよくあるお悩み

  • 写真でみると
    自分の姿勢が
    曲がっている

  • 姿勢が悪いと
    よく言われる

  • 背中が
    丸くなるのが
    気になる

  • 顔が
    前に出やすく、
    綺麗な姿勢に
    改善したい

近年、猫背になる方は年々増えてきています

IT化に伴い、PC作業やスマホ操作の時間が増えた現在は、

姿勢が悪くなりやすく猫背になりやすい時代とも言えるのかもしれません。

 

猫背は見た目だけはなく、身体に悪い影響を及ぼす可能性があります。

 

自分が猫背かもしれないと思っている方は、まず原因を知り、

普段の生活でどの部分が改善に繋がるかを理解しましょう。

ここでは猫背の根本的な原因や改善方法をお伝えします。

猫背でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

猫背の原因と引き起こされる症状について

日常生活の中で猫背になりやすい原因は数多くありますが、主な原因は「不良姿勢」が習慣化していることだと考えられています。

では、一体どのような時に姿勢が悪くなりやすいのでしょうか。
また、猫背になることでどのような症状を引き起こされやすいのでしょうか。

ここでは、猫背の原因と引き起こされる症状についてご紹介します。

 

【猫背とは】

 

猫背とは猫のように背骨が丸くなってしまっている姿勢のことを言います。

背骨は本来、首から腰にかけて頚椎(けいつい=首の骨)は前カーブ、胸椎(きょうつい=背骨の中央を構成する骨)は後ろカーブ、腰椎(ようつい=腰の骨)は前カーブにS字状に緩やかな曲線を描いています。

猫背は胸椎が強く後ろにカーブしてしまい、S字曲線のバランスが崩れた状態を言います。

 

【原因】

 

◆不良姿勢でのデスクワーク

普段の仕事の中で、長時間座ってPC作業を行う方も多いのではないでしょうか。
PC画面に集中しすぎて、あごを突き出した状態になると、肩甲骨が前に引っ張られ肩が内側に入りやすくなり背中が丸くなりやすくなります。

 

◆スマホを見るときの姿勢

スマホを座って操作している時に、画面をよく見ようとするがあまり、頭や肩が前に出て、背中や腰が丸くなり、骨盤が後ろに傾きがちです。
このような姿勢が習慣になってしまうと猫背を引き起こす原因になります。

 

【症状】

 

◆首のこりや肩こり

首が前に傾く猫背姿勢が長時間続くと、頭を支えるために後頭部や首の筋肉に負担がかかり、首こりや肩こりが発症しやすくなります。

 

◆スポーツ障害

ランニングなどで猫背の姿勢が続くと、背中や肩の筋肉が緊張状態になり、スポーツ障害を引き起こすことがあります。

 

◆自律神経障害

「あごを突き出し、首の後ろ側が縮まる」ような猫背姿勢を長く続けると、首の後ろに走っている自律神経が圧迫を受けて、自律神経障害を引き起こす可能性があります。

 

自分で簡単にできる猫背の改善方法について

猫背を根本的に改善するためには、普段の姿勢から変えていく必要があります。
しかし、猫背になっている方は身体が正しい姿勢を知らない可能性があります。

そのため、まずどのような姿勢が正しいのかを知り、日常的に維持していくことが重要です。

また、猫背の悪化を防ぐために日頃からストレッチを行うことが大切です。
正しい立ち姿勢や座り姿勢を確認し、猫背の改善に繋げましょう。

 

【普段の姿勢(立ち方・座り方)】

 

◆正しい立ち方を覚える

壁を使って正しい立ち方を確認しましょう。

 

①壁に背中をつけて頭のてっぺんが糸でつられているような感覚で、立ってみましょう。
このとき後頭部・肩甲骨・おしり・かかとが壁についた状態になっているようにしましょう。

 

②肩を下げ、手は脚の横にそえましょう。

 

③顎を引き、胸を少し前に出しましょう。
壁と腰の間に2~3cmほどの隙間があるのが理想です。

 

◆正しい座り方を覚える

①足裏全体を床につける

まずは、椅子の高さを調節しましょう。
基本的には地面から35~45センチ程度の座面高が好ましいと言われています。
足裏全体が床に着くことで、体重の負荷を分散することができます。

②膝と腰の角度は90度

深く腰掛けて、おなかに横線が入らない(段腹にならない)ように背中を立てて座ります。
また、膝を揃えて座ることで脚のエクササイズ効果も期待できます。

③頭はまっすぐ、首の上に乗せる

頭は前に倒さず、あごを引いて首の上にしっかり乗るようにします。
そうすることで首と肩への負担を軽減できます。

 

◆肩・背中のストレッチ

猫背の人が陥りがちな背中や肩の筋肉の強張り、今回はそれらをほぐす効果が期待できるバスタオルを使ったストレッチをご紹介します。

 

① バスタオルを筒状に丸めます。

2~3枚重ねるのがおすすめです。

② 仰向けになり、丸めたタオルを肩甲骨の下辺りに置きます。

 

③ 次に、両手を頭の後ろに真っすぐに伸ばします。

無理をしない程度にあごを引くようにしましょう。

④ この状態を1~2分維持しましょう。

痛みを感じた場合は、すぐに中止してください。
慣れてきたら時間を延ばしていくとよいでしょう。

 

◆太もものストレッチ

大腿四頭筋(だいたいしとうきん(太もも前面の筋肉)を伸ばすストレッチです。
上半身を支えるために張ってしまった太ももの筋肉をほぐして、猫背を解消する準備をしましょう。

 

①壁の前に立ち、右手を壁に添えます。
②左手で左足首を持ち、かかとをお尻に近づけます。
③痛くないラインで10秒間維持します。
④10秒経ったらゆっくりと元に戻していきます。
⑤右足も同様に行ないます。

 

両足10秒ずつを1セットとして、合計3セット行ないましょう。
膝の位置を真下にして曲げるのがポイントです。
太ももの前面や中央付近が伸びている感覚があるかを確認しながら行いましょう。

 

◆足の指の体操(タオルギャザー)

タオルギャザーとは足の指でタオルを引き寄せるトレーニングのことです。
タオルギャザーを行うことで足裏の筋力が強くなり、立ったり歩いたりしている最中、バランスを崩したときに姿勢を立て直す能力を高める効果が期待できます。

 

①床にタオルを敷き、足を乗せます。

この時、かかとはタオルの外において置くと動作が行ないやすくなります。

②足の指を曲げてタオルを掴みます。

親指から小指まで全体的に使用するように意識しましょう。

③タオルを掴んだまま足の先を少し浮かせ、その後タオルを離します。
④タオルを離したら①に戻り、繰り返しタオルを徐々に引き寄せます。
⑤すべてのタオルを引き寄せたら終了です。

 

稲毛海岸アクティブ整骨院の【猫背】アプローチ方法

猫背でお悩みの方は当院の猫背矯正をおすすめいたします。

当院院長は真の施術家を育成する一般社団法人日本施術マイスター協会認定の「猫背矯正マイスター」です。

猫背は背中や首を調整すれば良くなると考えがちですが、実は骨盤を整えることが大事なのです。

背骨は骨盤の上にのっています。
骨盤の傾きによって背骨が影響を受け猫背になっているケースが多いです。

猫背には4つのタイプがあります。

円背型・前肩型・顔出し型・首なし型も4つに分けられますが、タイプ一つ一つによって改善ポイントが違ってきます。
そのため、施術前にAIによる姿勢分析ソフトを使用し、姿勢を細かくチェックしていきます。

 

当院の猫背矯正は骨盤はもちろん足・背骨・肩・首・頭と全身の矯正をしていきます。

矯正というとバキバキするイメージがありますが、当院の猫背矯正はゆっくりと筋肉を伸ばしたりほぐしたりして矯正していくので、気持ちよく受けていただけます。

また、施術だけでなく自宅でのセルフケアや日常生活での注意点もお伝えいたします。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 大介(サトウ ダイスケ)
◆資格
柔道整復師
鍼灸師
あんまマッサージ指圧師
IBMF公認ファスティングカウンセラー
JFA公認サッカー指導者ライセンス

◆学歴
千葉県立千城台高等学校
神奈川衛生学園東洋医療総合学科
両国柔整鍼灸専門学校

◆院外活動
少年サッカーチーム都賀ライオンズ監督
千葉サッカークラブトレーナー

◆トレーナー歴
1999年〜 千葉サッカークラブトレーナー
土佐高校サッカー部(第78回・90回全国高校サッカー選手権大会出場時
サッカーU13/U15千葉県トレセンチーム
県民体育大会サッカー競技トレーナーステーション
千葉国体サッカー競技トレーナーステーション参加

◆指導歴
1996年〜1999年都内整形外科勤務
1999年〜2014年鍋島整形外科勤務

稲毛海岸地域の皆様の心とカラダをアクティブにする!地域の皆様の困った時の駆け込み寺として、力となれるよう日々精進まいります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛海岸アクティブ整骨院
住所〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲3丁目11−3
第2並木ビル 2階
最寄:京葉線 稲毛海岸駅より徒歩5分
駐車場:なし(近隣の無料駐車場をご案内いたします)
                                 
受付時間
10:00〜
13:00
9:00〜13:00
完全予約制
-
15:30〜
21:00
- -
定休日:日曜・祝日・第1水曜日

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院 公式SNSアカウント 稲毛海岸アクティブ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院 公式SNSアカウント 稲毛海岸アクティブ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中