• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 043-445-8606

膝の痛みでお悩みの方へ

  膝の痛みでよくあるお悩み

  • ランニング中に
    膝に痛みを
    感じる

  • 膝が痛くて、
    スポーツ時に
    パフォーマンス
    が発揮できない

  • 歩いている
    だけで膝が痛む

  • 膝が痛くて
    階段の
    上り下りが
    つらい

膝の痛みで身体を動かすのがつらくありませんか

立ち上がる時や歩行時、スポーツ中などに膝が痛むことはありませんか?

膝は日常のさまざまな動作で動かす部位のため、
膝に痛みがあると身体を動かすことが億劫になることもあるでしょう。

 

放置して重症化することもあるため、早めに対処することが大切です。

 

ここでは、膝の痛みがなぜ起こるのか

痛みが起こった際の対処方法についてご紹介します。

膝の痛みで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

膝の痛みでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

急にくる膝の痛みの原因と特徴とは

膝の関節は複雑な構造をしているため、損傷を受けやすい部位でもあります。
膝が痛むと、階段を降りる時に体重をかけた時や、しゃがもうとした時に痛みを生じるなど日常のさまざまな場面によって痛みを感じることがあるかと思います。

このような急に生じる膝の痛みはなぜ起こるのでしょうか。
また、膝の痛みの症状には種類があるのでしょうか。

ここでは膝が痛む原因と、代表的な症状についてご紹介します。

 

【膝が痛む主な原因】

 

◆スポーツ中の姿勢

投球フォームや、ランニングフォームなど、スポーツ時の姿勢が前かがみになっていませんか。
前かがみの姿勢が長時間続くことは、膝まわりの筋肉に過度な負担を与えます。

また、バスケやサッカーなどで、重心を左から右に切り返す時に、膝が内側に捻ってしまうことで膝を痛める要因になる場合もあります。

 

◆運動不足により筋肉が硬くなっている

普段からあまり運動する習慣がない方は筋肉の柔軟性が低下し、血流不足が起こり硬くなってしまっていることが考えられます。
筋肉が緊張した状態でいると、リラックスしているときよりもエネルギー消費量が多いため疲れやすくなります。
また、血流不足によって酸素や栄養素が欠乏し、老廃物がたまりやすくなることで痛みを感じやすくなります。
特に太ももや股関節、足首などの筋肉が硬い方は膝を痛めやすいです。

 

◆肥満

体型も膝が痛む原因の一つとして考えられます。
体重が重ければそれだけ膝にかかる負荷も大きく、骨同士が接する面でクッションの役割を果たしている軟骨がすり減りやすくなります。
その結果、骨同士がぶつかりあって炎症を起こし、膝の痛みが生じることがあります。

 

【膝の痛みが起こる症状】

 

◆変形性膝関節症

比較的、女性に多くみられる症状で、軟骨が筋肉量の低下や老化などによりすり減ることで痛みが生じます。
また関節を包んでいる関節包(かんせつほう)と呼ばれる繊維膜の内側に炎症が起きるため、粘り気のある黄色味がかった液体が分泌され、いわゆる「膝に水がたまった」状態になります。

 

<変形性膝関節症の特徴>
・初期症状

立ち上がった時や、歩き出そうとしたりすると、なんとなく膝がこわばる、重くて動かしにくい、はっきりわからないような鈍い痛みを感じるなどの自覚症状が現れます。

・中期症状

膝に激しい痛みが生じ、正座や深くしゃがみこむ動作や階段の上り下りなどが困難になります。

・末期症状

歩いたり、座ったり、しゃがんだりするなどの日常動作が困難になります。
そのため普段の生活にも支障をきたし、行動範囲が狭まるため精神的な負担も大きくなりがちです。

 

◆ランナーズニー

長い距離を走るスポーツをしている方に多くみられる症状です。

 

<ランナーズニーの特徴>
・膝を曲げると痛い
・膝の裏側や膝頭の周りに痛みがある
・階段を降りるときに痛みがしょう
・膝が腫れる
・膝を曲げる時にぽきぽきと音が鳴る。

 

 

◆ジャンパー膝

バスケットボールやバレーボールなどのジャンプを繰り返すスポーツをしている方に多く見られる症状です。
特に成長期では骨の伸長に筋肉量が追いつかず、相対的に筋肉が短くなることで起こりやすいため注意が必要です。

 

<ジャンパー膝の特徴>
・運動直後に膝のお皿(膝蓋骨)のすぐ下、もしくはすぐ上の腱に痛みを感じる
・ジャンプ動作やランニング動作など、踏み込み動作の時に痛みが生じる
・ウォーミングアップをしている時にはそれほど痛みを感じなくても、スポーツの最中や運動後に再度痛みが生じる

 

膝痛を改善するために日常生活で行えること

不良姿勢や、運動不足による筋肉の柔軟性の低下などが膝を痛める原因になります。

このような原因を根本的に改善するためには普段の生活を見直すことが大切です。

ここでは日常生活で行える姿勢の改善方法や、下半身のストレッチ方法についてご紹介します。

 

【膝の痛み改善方法】

 

◆歩き方の改善

歩く、走るといった動作の基本になる正しい立ち姿勢から改善していきましょう。
正しい立ち姿勢のポイントは肛門を閉めるようにおしりの筋肉に力を入れます。
この時、肩に力を入れず、下腹に力を入れて立つことが大切です。
これにより曲がっていた背中や膝が伸び、後ろに落ち込んでいた腰が持ち上がります。
背中が伸びることで胸もまっすぐになり、アゴも引けます。
この立ち姿勢を維持した状態で歩き出す際には、前足はかかとからつくようにして、後ろ足は母趾(足の親指)でしっかり蹴りだすことを意識してください。

 

◆ストレッチ

・股関節まわりのストレッチ

股関節が硬くなることで動かせる範囲が狭くなり、下股の筋肉が緊張した状態が続きます。
その結果、膝周りに負荷がかかり、膝のクッションの役割を担っている軟骨部分がすり減って炎症を起こすことで膝の痛みを感じるようになります。
そのため、股関節を柔らかくし、下股に負担のかからない身体作りが大切です。下記のストレッチで基礎的な筋肉をつくりましょう。

①床に座り、両方の足裏を合わせます。
②足の甲を両手で掴み、身体の方に引き寄せます。
③息を吐きながら肘を使ってふくらはぎを床に向けて押していきます。
④この状態を10秒〜20秒ほどキープします。

・足首のストレッチ

ジャンプした後の着地など、膝に強い負荷がかかる場面で、足首はその負荷を軽減する役割を担っています。
足首が硬くなっている方は、負荷を吸収することができずその結果、膝の痛みが生じます。

①椅子か床などに座り、右足首を左の太ももの上に乗せます。
②つま先をつかみ、ゆっくりと足首を時計回りに回します。
③15~20回ほど回したら、反対回りも同様に行います。
④左右を組み替えて、もう右の足首も同様に回します。

稲毛海岸アクティブ整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

変形性膝関節症やジャンパー膝などの痛みは足首や股関節の硬さ・悪い身体の使い方・姿勢が原因であることが多いです。
膝の痛みにお悩みの患者様には、次の施術を行っています。

 

◆慢性おまかせコース

 

手技や電気施術など患者様の状態に合わせた施術をしていきます。
痛みを取るだけでなく痛みの原因に対してのセルフケアや日常生活でのアドバイスもしていきます。

 

◆猫背矯正

 

猫背などの姿勢の悪さも膝に負担がかかり痛みの原因になります。
足・骨盤・脊椎・肩・首・頭など全身を調整し姿勢を改善していきます。

 

◆パーソナルトレーニング

 

膝の痛みの原因となっている身体の使い方をトレーニングで改善していきます。
これにより痛みの再発を予防できます。

 

◆ほっトレ

 

身体のインナーマッスルを鍛えることにより、正しい姿勢を身につけることができます。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 大介(サトウ ダイスケ)
◆資格
柔道整復師
鍼灸師
あんまマッサージ指圧師
IBMF公認ファスティングカウンセラー
JFA公認サッカー指導者ライセンス

◆学歴
千葉県立千城台高等学校
神奈川衛生学園東洋医療総合学科
両国柔整鍼灸専門学校

◆院外活動
少年サッカーチーム都賀ライオンズ監督
千葉サッカークラブトレーナー

◆トレーナー歴
1999年〜 千葉サッカークラブトレーナー
土佐高校サッカー部(第78回・90回全国高校サッカー選手権大会出場時
サッカーU13/U15千葉県トレセンチーム
県民体育大会サッカー競技トレーナーステーション
千葉国体サッカー競技トレーナーステーション参加

◆指導歴
1996年〜1999年都内整形外科勤務
1999年〜2014年鍋島整形外科勤務

稲毛海岸地域の皆様の心とカラダをアクティブにする!地域の皆様の困った時の駆け込み寺として、力となれるよう日々精進まいります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛海岸アクティブ整骨院
住所〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲3丁目11−3
第2並木ビル 2階
最寄:京葉線 稲毛海岸駅より徒歩5分
駐車場:なし(近隣の無料駐車場をご案内いたします)
                                 
受付時間
10:00〜
13:00
9:00〜13:00
完全予約制
-
15:30〜
21:00
- -
定休日:日曜・祝日・第1水曜日

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院 公式SNSアカウント 稲毛海岸アクティブ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院 公式SNSアカウント 稲毛海岸アクティブ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中