• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 043-445-8606

ぎっくり腰でお悩みの方へ

  ぎっくり腰でよくあるお悩み

  • 強い腰の痛みで
    その場から
    動けなくなった

  • 腰が痛くて
    座っているのが
    つらい

  • 腰が痛くて
    寝返りが
    打てない

  • 急な腰の痛みに悩んでいる

突然、激しい腰の痛みが起こるぎっくり腰

重いものを持ち上げようとした時や、少し前にかがんだ時に突然、

激しい腰の痛みに襲われたという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そのような突然起きる腰の痛みはぎっくり腰の可能性があります。

 

ぎっくり腰は正式名称を急性腰痛と言い、
海外ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。

 

突然起きるこの腰痛、原因や改善方法はどのようなものがあるのでしょうか。

ここではぎっくり腰の原因や対処方法についてお伝えします。

ぎっくり腰でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

突然起こるぎっくり腰、その原因について

ぎっくり腰は、急に発症した腰痛の総称を言います。

ぎっくり腰の特徴としては、突然グキッと腰に力が入らなくなり、
姿勢を変えようと身体を動かすと痛みが走るため、その場から立てなくなる、動けなくなるといった状態になります。

ぎっくり腰は、はっきりとした原因が判明していませんが、日常のわずかな動作や疲れがきっかけで起こることが多いと考えられています。

ここではぎっくり腰の主な原因を具体的にご紹介します。

 

【ぎっくり腰を引き起こす主な原因】

 

◆腰への過度な負荷

腰に過度な負荷がかかることでぎっくり腰が起こる場合があります。
重いものを膝を曲げずに持ち上げようとしたり、前かがみの姿勢で顔を洗う時などは腰に大きな負荷がかかりやすいため注意が必要です。

 

◆日常的な姿勢の悪さ

普段の不良姿勢による髄核の大きなズレがぎっくり腰の原因の一つであると考えられています。
髄核とは椎間板(椎体と呼ばれる骨の間にあるもの)の中央にあるゲル状のものです。
髄核は姿勢の変化によって前後に移動しやすく、前かがみになると少し後ろへずれ、腰を反らすと少し前にずれます。
不良姿勢が続き大きな負荷が瞬間的にかかると、髄核が大きくずれ「ぎっくり腰」を起こすことがあります。

 

◆疲労時、内臓疲労(胃腸が疲れている)

ぎっくり腰の原因の一つとして、内臓の疲れが考えられます。
暴飲暴食・過度な小食などにより内臓が疲れると血流が悪くなるため、腰背中の痛みを引き起こしやすくなります。

 

◆筋肉の柔軟性

デスクワーク中心の仕事などは長時間、同じ姿勢で作業することが多くなってしまいます。
同じ姿勢が長時間続くと身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。
その結果、筋肉のアンバランスを生み出し、身体に偏った負担がかかりやすくなり、腰痛やぎっくり腰に繋がると考えられます。

 

知っておきたい「ぎっくり腰」の改善方法と予防法

ぎっくり腰を経験した患者さんは、その後の1年間で約4人に1人が再発すると言われています。
症状を繰り返さないためにも正しい対処方法を知り、日頃から予防していくことが大切です。

また、ぎっくり腰になった場合は一般的に安静が一番と考えられていますが、それも症状の状態によって対処が異なってきます。

ここではぎっくり腰の改善方法を状態別にご紹介します。

 

【急性期】

 

◆冷やす

腰を痛めてから患部には48時間ほど炎症物質が出続けると一般的には言われています。
この炎症物質は、患部を冷やすことである程度抑えられるため、ぎっくり腰の急性期には冷やすようにしましょう。

しばらくして、激しい痛みが和らぎ、患部の熱感が治まってきたら冷やすのをやめましょう。

 

◆無理のない範囲で動かす

ぎっくり腰が生じた際には一般的に安静にしたほうが良いと言われていますが、全く動かさないと筋力が低下してしまい、再発を引き起こす要因となる場合があります。
そのため、無理のない範囲で普段通りの生活をして動かした方がいいでしょう。
またスポーツをしている方はサポーターで固定しながら、動くのもおすすめです。

 

【慢性期】

 

◆温める

慢性期には患部を温めることで筋肉の血行を促していきましょう。
具体的には、カイロなどで患部を15分〜20分ほど温めることがおすすめです。

またマッサージや湯船に浸かることで血行促進効果が期待できます。

 

◆日頃のストレッチ

筋肉の硬さが原因で、ぎっくり腰が引き起こされることもあるため普段からストレッチをすることが大切です。
特に股関節まわりのストレッチや、太もものストレッチ、ふくらはぎのストレッチを重点的に行うのがおすすめです。

 

◆姿勢改善

ぎっくり腰は、不良姿勢による筋肉疲労で起きることもあります。
あごを軽く引いて背骨を伸ばし、お腹を引っ込めることを常に意識し、腰に負担のかからない正しい姿勢を身につけましょう。

また、インナーマッスルが弱いと姿勢を正しく保つことが難しいです。
上記の姿勢を長時間保つのがつらい方は、「腹横筋(ふくおうきん)」「多裂筋(たれつきん)」のトレーニングも行ってみてください。

 

稲毛海岸アクティブ整骨院の【ぎっくり腰】アプローチ方法

ぎっくり腰になってしまった時は安静するのが一般的ですが、少しでも動けるなら動いていた方が早く痛みが減ると言われています。
少しでも動くのが楽になるように、痛みはおつらいでしょうが来院されて施術を受けることをおすすめいたします。

ぎっくり腰の場合、痛みで自律神経が興奮状態にあり、腰の周りの筋肉がガチガチに固まってしまっています。
これを緩めていかなくては、痛みを減らし動けるようになりません。

施術としては、呼吸を利用した手技を使い、腰回りの筋肉を緩めます。
この時ベッドに横になるのもつらいくらい痛みが強い方でも大丈夫なように、立ったままで施術を行います。

その後、痛みが減り動きやすくなってきた時点でベッドでの手技をおこないます。
必要であればテーピングやサポーターで保護します。

痛みが減っても再発しないように猫背矯正による姿勢改善、パーソナルトレーニングによる筋力・柔軟性の強化、ほっトレによるインナーマッスルの強化も行っていきます。

ぎっくり腰は、

重いものを持ち上げた時に痛くなった
顔を洗う時に前かがみになったら痛くなった
椅子から立ち上がろうとした時に痛くなった

など痛みが出る原因があることが多いです。

ですが、まれにいつの間に腰が痛くなり動けないほど痛くなってきたということもあります。
これは内臓疲労からのぎっくり腰の可能性が考えられます。

この場合、食生活などの生活習慣の改善が必要です。当院では食事など栄養面の指導もさせていただきます。

著者 Writer

著者画像
院長:佐藤 大介(サトウ ダイスケ)
◆資格
柔道整復師
鍼灸師
あんまマッサージ指圧師
IBMF公認ファスティングカウンセラー
JFA公認サッカー指導者ライセンス

◆学歴
千葉県立千城台高等学校
神奈川衛生学園東洋医療総合学科
両国柔整鍼灸専門学校

◆院外活動
少年サッカーチーム都賀ライオンズ監督
千葉サッカークラブトレーナー

◆トレーナー歴
1999年〜 千葉サッカークラブトレーナー
土佐高校サッカー部(第78回・90回全国高校サッカー選手権大会出場時
サッカーU13/U15千葉県トレセンチーム
県民体育大会サッカー競技トレーナーステーション
千葉国体サッカー競技トレーナーステーション参加

◆指導歴
1996年〜1999年都内整形外科勤務
1999年〜2014年鍋島整形外科勤務

稲毛海岸地域の皆様の心とカラダをアクティブにする!地域の皆様の困った時の駆け込み寺として、力となれるよう日々精進まいります。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:稲毛海岸アクティブ整骨院
住所〒261-0004 千葉県千葉市美浜区高洲3丁目11−3
第2並木ビル 2階
最寄:京葉線 稲毛海岸駅より徒歩5分
駐車場:なし(近隣の無料駐車場をご案内いたします)
                                 
受付時間
10:00〜
13:00
9:00〜13:00
完全予約制
-
15:30〜
21:00
- -
定休日:日曜・祝日・第1水曜日

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院 公式SNSアカウント 稲毛海岸アクティブ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院 公式SNSアカウント 稲毛海岸アクティブ整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】稲毛海岸アクティブ整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中